HANDS-ON TRAINING
ハンズオン トレーニング

少人数限定のハンズオントレーニングを展示エリア内で実施いたします。
お申込みは、Red Hat Forum Tokyo に参加登録されている方にご案内しております。

“ ディシジョンマネージメント ” と “ RPA ” の融合による
業務自動化の最適解

本ハンズオンでは、働き方改革や業務自動化にご興味、ご関心のあるご担当者様に向けて、業務の自動化にフォーカスし、「Red Hat Decision Manager」のラッピングソリューション「Velox BRMS」を使用したルール実装を行うと共に、「Velox BRMS」と「RPA」を連携させるところまでを体感いただきます。

アジェンダ
● Red Hat Decision Manager/Velox BRMS説明    【10分】
● Velox BRMSを用いて判定・料金計算のルール実装 【40分】
● Velox BRMS x RPA連携解説・実演        【10分】

参加条件
● システムの設計業務に携わったことがある方
● 以下の条件を満たすPCをご持参できる方
− ネット接続が可能であること
− MS Officeがインストールされていること (※Excelを使用します。)
− ブラウザにGoogle Chromeをインストールしていること
− RPA「UiPath Community エディション」をインストールしていると望ましい

実施スケジュール
1回目: 12:00 - 13:00  2回目: 13:15 - 14:15

お申込み時に、希望時間を選択してください。 なお、応募者多数の場合、抽選となりますので予めご了承ください。

Red Hat OpenShift Container Platform on AWS ハンズオン!
〜AWS Service Brokerを使って、OpenShiftからAWSのサービス連携を体験〜

本ハンズオンでは、OpenShiftを使ったサービスのコンテナ化の検討と共に、豊富なマネージドサービスを提供するAWSを活用したいエンジニアの方向けに、OpenShift on AWSを体験いただきます。 OpenShift on AWSの概要をご理解いただき、AWS Service Brokerを使って、OpenShiftからAWSのサービスへネイティブに連携させるところまでを体験いただきます。 (1セッションにつき90分間)

参加条件
● Linux操作のスキルがある方
● 以下の条件を満たすPCをご持参できる方
  − ネット接続可能であること
  − ブラウザをインストールしていること: FireFox, IE, edge, Chrome, Safari
  − sshターミナルソフト(TeraTermもしくはPutty)をインストールしてあること
  − コンテナの価値及びOpenShiftの基本動作について概略理解していること

実施スケジュール
1回目: 14:30 - 16:00  2回目: 16:20 - 17:50

お申込み時に、希望時間を選択してください。 なお、応募者多数の場合、抽選となりますので予めご了承ください。