RED HAT FORUM TOKYO 2017

RED HAT FORUM TOKYO 2017

THE IMPACT OF THE INDIVIDUAL

オープンな対話と変化が導くイノベーション

開催レポート Vol.2

2017年10月20日、国内最大級のOSSイベント「レッドハット・フォーラム 2017」が東京・恵比寿にて開催されました。
今回のテーマは「THE IMPACT OF THE INDIVIDUAL ―オープンな対話と変化が導く、真イノベーション ―」。

第四次産業革命とも言われ、ビジネス環境が激変する今、レッドハットがイノベーションの源泉として考える、より良いものを生み出そうと挑戦する情熱とオープンなマインドを持つ、“個”の力にフォーカス。“個”と“個”による対話や先進事例、オープンソースの最新テクノロジーの共有を通じて、イノベーションを実現するためのさまざまなヒントが散りばめられた講演や展示が繰り広げられました。
来場者数は2,000名を超え、約40のセッションやデモのほか、展示エリアでは協賛スポンサー企業18社によるソリューション紹介、ミニシアターなどが実施されました。

ゼネラルセッション

オープンソースとそのコミュニティが破壊的イノベーションの源に

午前中に開催されたゼネラルセッションでは、レッドハット株式会社 代表取締役社長の望月弘一による開会の挨拶に続き、米国レッドハット 社長 兼 CEOのジム・ホワイトハーストが講演。さらに、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ 技術革新統括本部 システム技術本部 本部長の冨安寛氏が登壇、最後に米国レッドハット 上級副社長/製品・テクノロジー部門 社長のポール・コーミアによる講演が行われました。

ビジネスキーノート

TRADITIONAL PLANNING IS DEAD

デジタルディスラプションの新たな潮流
企業は市場破壊にどう備えるべきか?

写真

ジム・ホワイトハースト

米国レッドハット

社長兼CEO

ホワイトハーストはまず、過去10年~20年前のIT部門の役割について「ビジネス部門の技術上の相談に応じるという特殊な役割を果たしてきた」としたうえで、現在ではその役割が激変した点に言及した。「仕事や生活のおけるあらゆる場面でテクノロジーが活用されるようになった結果、いまやIT部門はある時はマーケティングチームの一員となり、またある時は自社サービス/製品に関するテクノロジー統合の牽引役を担うなど、自社のあらゆるチームに深く関わるようになった」(ホワイトハースト)。


今、テクノロジーによるディスラプション(革新的破壊)は、ビジネス、市場、政府とさまざまな領域に及んでおり、企業にはテクノロジーを変革の力の源泉としながらビジネスを遂行することが求められている。これを受けてホワイトハーストは、「どんな業界でもディスラプションの対象となる」とする一方、「ディスラプションを恐れることはない。むしろ我々は少しでも早くディスラプターにならねばならない。ビジネスの変化のスピードを考えれば、遅れれば遅れるほど追いつくことは困難となるからだ」と強調した。

ディスラプターとなるためには、「より多くのことを、より迅速にできるようにする方向へとテクノロジー投資をシフトする必要がある」と指摘。ここで重要となるのがカルチャーであり、「まさしくオープンソースのコミュニティが育んできたカルチャーに他ならない。透明性、アクセシビリティ、俊敏性が担保されたオープンソースとそのコミュニティこそが、技術イノベーションの発生源となっている」と力説した。
そして講演の最後には、「我々は皆つながっている。テクノロジーの未来をレッドハットと共に協力し、構築していこうではないか」と訴えた。

テクノロジーキーノート

TOMORROW IS ABOUT MORE THAN TECHNOLOGY

カルチャー、プロセス、テクノロジーが
将来のITイノベーションを促進する

写真

ポール・コーミア

米国レッドハット

上級副社長/製品・テクノロジー部門 社長

コーミアは冒頭、「ビジネスを前進させるために必要なのはテクノロジーだけではない。コラボレーション、透明性、オープンという「カルチャー」、そしてアジャイルで継続的かつ、反復的な「プロセス」を加えた3つの要素が極めて重要になり、この3つは互いに密接に関わり合っている」と強調した。そしてカルチャーについて、「トップが率先して変化のカルチャーを醸成し、その後も支える努力をしないといけない」とした上で、今やあらゆる業界に浸透しているオープンソースのカルチャーについて語った。「オープンソースは単なるコードではない。本当の意味でテクノロジー活用のベストプラクティスを実践するためには、実は企業のカルチャーを変えねばならない」(コーミア)。


続くプロセスについては、「継続的で反復的なプロセスをつくり、できるだけ自動化することで、アジリティがもたらされる」と語り、まずは開発、ビジネス、自動化、セキュリティに関して事業全体でプロセスを検証することが重要であるとした。「そのうえで開発プロセスを改善することが成功の鍵となる」。

テクノロジーに関しては「オープンソースが技術的イノベーションの発生源となっている」と強調。レッドハットのテクノロジービジョンとして「オープンハイブリッドクラウド」を掲げ、その先に目指す「ハイブリッド&マルチクラウド」へのビジョンを示した。
コーミアは、「すべてのアプリケーションを、どんなフットプリントでもどこにあってもロックインなしで活用できるようにするための努力を、皆と継続していきたい」と述べ、締め括った。

特別講演

攻めのITを実現するNTTデータの生産技術革新

写真

冨安 寛 氏

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

技術革新統括本部 システム技術本部 本部長

特別講演で冨安氏は、エヌ・ティ・ティ・データ(以下、NTTデータ)が企業システムのデジタル(クラウド)シフトに向けて進めている技術開発や、人材育成のトランスフォーメーションについて紹介するとともに、同社とレッドハットとの連携の概要と今後の方向性について言及した。
同氏は「今はAI、IoT、Fintechなどデジタル領域でさまざまな流れが生じており、テクノロジーがかなり面白くなってきている」と述べる一方、「しかしながら、トラディショナルなシステムも今だ多く使われていることが今日の状況を複雑にしてしまっている」と問題提議した。


このような背景を踏まえNTTデータでは、デジタルトランスフォーメーションを3つの領域のストリームに分けて考えているという。1つ目はさらなる生産性向上を目指すトラディショナルなストリーム、2つ目はトラディショナルとデジタルの融合、そして3つ目がデジタルのみによる新規ビジネス創出である。

そして同社では、3つのストリームそれぞれを踏まえ、顧客のニーズに応じたシステム開発はもちろんのこと、自社内での生産技術革新も展開中である点にも触れた。最後に冨安氏は、10月19日に発表したばかりの、顧客のデジタルトランスフォーメーションを実現するためのレッドハットとDell EMCとの3社で協業についても触れたうえで、「今後OpenShiftによるデジタル基盤の高度化を進めていく中で、レッドハットのさらなる協力を仰ぎたい」と述べた。

講演資料のダウンロード&動画閲覧はこちら

ブレイクアウトセッション

4つのカテゴリーで約40のセッションを展開!

午後のブレイクアウトセッションでは、「OpenStack/クラウド」「アプリケーション/プラットフォーム」「コンテナ/DevOps」「オートメーション/マネジメント」の4つのカテゴリーに分けられ、最新事例、ライブデモ、業種別セッションなどを含む約40のセッションが実施されました。どれも旬の技術情報を盛り込んだ内容で、各セッション会場は盛況を極めました。また展示会場では最新のデモやミニシアター、クラウドパートナーセッションなど、オンサイトならではの催し物が多数実施され、オープンソースの勢いを強く印象づけた。 ここでは、中でも注目すべき6セッションを中心にご紹介します。

AT-06
オートメーション/マネジメント

「Ansible」による IT Automation の真髄に迫る
~コスト削減、即応性、品質向上を実現する自動化のベストプラクティス~

写真

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部 パートナーソリューションアーキテクト部
シニアソリューションアーキテクト
中島 倫明

本セッションでは、デファクトとなりつつある自動化ツール「Ansible」に注目し、本当に効果のある自動化の実現方法について解説がなされた。Ansibleは、ITを動かすためのITの仕組み「IT Automation」を実現し、システムの裏側に存在するさまざまな作業を人手作業から自動化へと変えていくツールであるとした中島は、「ネットワーク環境やクラウド環境など、非常に多岐にわたる環境で自動化を実現することができる」と強調した。
現在、自動化に注目が集まっている理由について「“システムは変化しない”という認識が変わってきたことにある」と分析したうえで、構築後に変化が求められる現在のシステムの運用において、自動化がもたらすメリットについて解説。その中で、具体的なアプローチや、成功するパターンと失敗するパターン、そしてレッドハットの自動化支援サービスなどを紹介した。

CD-02
OpenStack/クラウド

Red Hat OpenStack Platformの戦略と今後のビジョン

写真

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部 パートナーソリューションアーキテクト部
シニアソリューションアーキテクト
輿水 万友美

輿水はまず、OpenStackについての誤解を解くべく「決して仮想化ツール管理ではない。パブリッククラウドと同等の機能を実現するための基盤である」と定義した後、どこまでも拡張が可能なスケーラビリティと、自動化の仕組みに対応しやすいAPIの2つがOpenStackの大きなポイントであるとした。
また2010年の開発以来、6ヶ月ごとに新しいバージョンをリリースしてきているという活発な活動の源泉となっているのが、OpenStackコミュニティであると述べ、その動向と、ユーザーエクスペリエンスを一貫して重視する開発指標などを紹介したうえで、「レッドハッツは基本的にコミュニティに忠実であり続ける」と訴えた。
さらに「Red Hat OpenStack Platform」の概要や特徴について紹介しながらレッドハットでOpenStackを使うことのメリットについて言及。「大事なのはLinuxとの融合にある」と強調し、締め括った。

CD-03
OpenStack/クラウド

DevOps 時代の Red Hat Enterprise Linux コンテナ

写真

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部 パートナーソリューションアーキテクト部
シニアソリューションアーキテクト
岡野 浩史

「Red Hat Enterprise Linux」が実装するコンテナ技術について、岡野はアーキテクチャの観点からコンテナに踏み込んでいった。「簡単に使えるからこそ、企業での実装に心配もあるのではないか。そうしたコンテナに対する不安をなくしたい」と抱負を述べた岡野は、デジタル変革をサポートするシステムのトレンドの中に、DevOpsやマイクロサービス、Cloudと並んでコンテナがあるとした。「新しい世界(IT)とは、大きな魚が小さな魚を食べるのではなく、小さくとも速い魚が大きな魚を食べる世界である。その道を切り開くのがコンテナだ」(岡野)
「Red Hat Enterprise Linux 7」のコンテナの種類を紹介した後、コンテナの使いどころや技術的観点からコンテナを使ったパイオニアの事例を紹介。その後、冒頭で述べたコンテナに対するよくある不安を解消する情報を具体的なデータとともに示したうえで、「アイデアを即実現できる魅力あふれるコンテナをぜひ利用いただきたい」とアピールした。

CT-07
コンテナ/DevOps

デジタルビジネス時代の新常識
~エンタープライズ・コンテナ基盤とハイブリッド・クラウドによる
次世代アプリケーション・プラットフォーム~

写真

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部 シニアソリューションアーキテクト
須江 信洋

開口一番、須江は「ITがビジネスの原動力となっている時代に急成長している企業には、UberやAirbnb、Alibabaなどベンチャー発のところが多いのは事実だ。しかし、こうした成功はベンチャーのみに限られたものではないことをぜひ知っていただきたい」と強調。ここで、ドイツ銀行やベライゾン、BMWなど、グローバルな大企業におけるエンタープライズ・コンテナ基盤「OpenShift」などを活用したイノベーティブな取り組みを紹介していった。
これらの事例を踏まえて、アプリケーションと環境をまるごとパッケージングできること、またポータビリティが高くどこでも実行できるなど、デジタルビジネスにおけるコンテナの重要性と優位性を解説。さらにその効果を最大限に発揮するためのコンテナオーケストレーション基盤が必要な理由や、デジタルトランスフォーメーションに取り組むためのポイントを示した。

AP-03
アプリケーションプラットフォーム

変化に適応していくためのアプリケーション基盤
~マイクロサービス、API、コンテナを活用してアジャイルな
インテグレーションを実現する~

写真

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部 シニアソリューションアーキテクト
杉本 拓

杉本は本セッションを通じて、マイクロサービス、API、コンテナを活用し、企業のコアビジネスのデジタル化を進めるためのアプローチとしての"アジャイル・インテグレーション"について解説した。
劇的なまでにデジタル化が進む現在、市場の変化のスピードは増々速くなり、企業の存続はその変化に迅速に適応できるかどうかにかかっている。そうしたなか、インテグレーションには複雑化する社内システムの連携や既存システムやデータの活用、さらにはモバイルやIoT等の新しいチャネルへの対応が求められており、杉本は「柔軟性のあるアプリケーション基盤の構築が企業の競争力強化に直結する」と力説。そのうえで、アジャイル開発の方法論とテクノロジーを組み合わせて柔軟なアプリケーション基盤のアーキテクチャを設計するためのアプローチであるアジャイルAPIインテグレーションについて解説した。さらに、アジャイル・インテグレーションを実現するためのソリューションとして、API管理製品である「3scale」、インテグレーション製品の「Red Hat JBoss Fuse」、コンテナ管理基盤「OpenShift」の概要を紹介した。

AP-04
アプリケーションプラットフォーム

より良いワークバランスを求めませんか?
BRMS Business Resource Plannerの紹介

写真

レッドハット株式会社

テクニカルセールス本部 Principal Solution Architect
梅野 昌彦

政府が「働き方改革実行計画」を発表したのを受けて、日本企業における働き方改革の取り組みがますます加速している。改革に記されている全11項目のなかでも、企業努力で実現可能なものとして梅野は、「長時間労働の是正」と「柔軟な働き方」を挙げた。現在、多くの仕事の現場では、人員不足や納品の遅れ、コストの最小化などの悩みを抱えており、それに起因したシフトスケジュール等の課題が生じている。そこで梅野は、「なかなか手を出しづらかった領域」と前置きしたうえで、「業務リソースの最適化」の必要性とそのためのアプローチについて解説した。
最適化への代表的なアプローチとして「数理計画法」と「組合せ最適化」があるが、梅野はルールエンジンを使用した組合せ最適化を推奨。そのうえでレッドハットが最適化への計画系エンジンとしてRed Hat JBoss BRMS製品の一機能である「Business Resource Planner」の概要を紹介した。

夕刻に開催されたネットワーキングパーティでは、特別企画としてパラレルマーケター/エバンジェリストの小島 英揮氏をお招きし、「コミュニティ座談会」を実施。コミュニティ活動の在り方やどのように活性化していくか等についてカジュアルなトークが繰り広げられました。多くの来場者とスポンサー企業各社、レッドハット エキスパートとの交流で会場は盛り上がり、レッドハット・フォーラム 2017は幕を閉じました。

フォローアップセミナー開催!

おかげさまを持ちまして満席となりました

【Ansible自動化活用セミナー】 デモで体感!Ansibleで実現する 17の自動化ユースケース

2017. 11. 28 開催

事前登録では満席続出となったAnsible関連セッション。残念ながらご参加いただけなかった皆さまのご要望にお応えして、フォローアップセミナーの開催が決定しました!
本セミナーでは、Ansibleの最新のソリューションポートフォリオと事例、さらにAnsible Towerを用いた自動化の実例について、お客様の導入に即したデモとともにご紹介します。

【Ansible Towerの実践!! の"裏話"】今大注目の自動化技術

12. 05 東京開催 | 12. 07 名古屋開催 | 12. 08 大阪開催

本セミナーでは、データセンター自動運用に向けたソリューションをご紹介いたします。迅速なリソース配備、運用最適化を実現する自動化テクノロジーであり、今大注目のAnsible Tower。Ansibleスペシャリストが、Ansible Towerによるインフラのコード化に向けた実践と勘所を、裏話を交えてご紹介させていただきます。

【ハンズオンワークショップ】OpenShift Hands-On 初級編  〜体感OpenShift〜

12月8日(金)定員 20名

コンテナ/DevOps のセッション、OpenShiftのお客様事例セッションをお聞きになって、実際にコンテナを使ってみたいとお考えのお客様にハンズオンワークショップをご用意致しました。
初級編では、Dockerイメージを利用したアプリケーションのデプロイ、Web/DBのコンテナ連携の方法などをわかりやすくご紹介します。

【ハンズオンワークショップ】OpenShift Hands-On 中級編  〜実践OpenShift〜

1月16日(火)定員 20名

より深くOpenShift を知りたいというお客様向けに、中級編もご用意致しました。OpenShiftでのビルドとデプロイの自動化、テンプレートを利用した環境の標準化など実際に利用するシーンで有効な機能を習得します。

アジャイルインテグレーション・ハンズオンワークショップ
〜マイクロサービス、コンテナ技術、API分野の最新技術を学ぶ 〜

第1回開催 12月6日(水)第2回開催 1月23日(火)定員 20名

レッドハットのエキスパートによる、APIやコンテナ技術を活用した連携サービスのハンズオンセミナーを開催します。
マイクロサービス、コンテナという新しいテクノロジーの時代に、ITにおいてどの様に技術を実装していくべきかを学べる機会となります。皆様のご参加をお待ちしています。

来場者向けレッドハットトレーニング特別割引キャンペーン実施中!

オープンソースの最新テクノロジーを学習できる、レッドハットトレーニングのお得なキャンペーンを実施しています。

Red Hatラーニングスクリプション(RHLS) ー BUY1,GET 1 Free キャンペーン
全ての Red Hat トレーニングを10% 特別割引にてご提供